参加者の声:「平生業成」

浄土真宗をひらかれた親鸞聖人は

どんなことを教えられたのでしょうか?

親鸞聖人の教えの一枚看板を「平生業生(へいぜいごうじょう)」と言われ、

“生きているときに人生の目的が完成する”ことを明らかにされました。

その「平生業生」についての講座に参加された方の感想です。

 

~どうなったのが本当の幸せなのか、故事を通してわかった~

「※人間万事 塞翁が馬」の故事と、

平生業成のみ教えがしっかりつながり、大変よく分かりました。

塞翁が馬の話で、

どうなったのか本当の幸せなのかの問題提起ができると思います。

 

※人間万事 塞翁が馬

城塞に住む老人の馬は、福から禍(わざわい)へ、

また、禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。

全く禍福というのは予測できない」という意味。

 

~仏教に出会い、人生の目的を知って本当によかった~

時間が無駄だったと後悔したこと。

自分はひきこもりで人生に幸せがあるのかわからなかった。

20代はずっとそうでした。

でも30代に仏教に出会って喜び、人生の目的を知って本当によかった、

という思いが今日きいて思い出しました。

本当の幸福に今なれることを多くの人に知らせていきたいです。

 

~終わりが幸せだと、すべてが幸せに感じる~

終わりが幸せだと、すべて幸福に感じるということは、

すごく納得できました。