胸のつぶれる思いで待っているもの

バートランド・ラッセル(イギリスの哲学者)は『幸福論』で、

「道楽や趣味は、多くの場合、もしかしたら大半の場合、

根本的な幸福の源ではなくて、現実からの逃避になっている」

と言っています。

 

 

「趣味に熱中する楽しみ」とは、

苦痛を一時的に忘れる時間つぶしといえるかもしれません。

 

 

飲んだ酒に酔っ払っている間だけ、

借金を忘れて気持ちよくなっているのと似たようなものですね。

 

 

もちろん、人間には一時的な逃避だと分かっていても、

気晴らしが必要です。

 

気晴らしがなければ生きていけないとパスカルも言っています。

 

 

ただ、気晴らしを求め続けるだけの人生では寂しすぎます・・。

 

 

42ae7638

 

太宰治は著書『斜陽』の中に、こんな言葉を残しています。

 

「ああ、人間の生活には、喜んだり怒ったり悲しんだり憎んだり、

いろいろの感情があるけれども、

けれどもそれは人間の生活のほんの一パーセントを占めているだけの感情で、

あとの九十九パーセントは、ただ待って暮らしているのではないでしょうか。

幸福の足音が、廊下に聞えるのを今か今かと胸のつぶれる思いで待って、

からっぽ。

ああ、人間の生活って、あんまりみじめ。

生れて来ないほうがよかったとみんなが考えているこの現実。

そうして毎日、朝から晩まで、はかなく何かを待っている。

みじめすぎます。

生れて来てよかったと、ああ、いのちを、人間を、世の中を、

よろこんでみとうございます。」

 

 

 

人間に生まれてきて良かった、という生命の大歓喜のあることを

お釈迦様は生涯教えていかれました。

 

 

「人身受け難し今すでに受く」(華厳経)