別れてみて泣くときがある

こんばんは

飯田隆史です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
 別れてみて泣くときがある
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

大ヒット上映中の映画「君の名は。」

 

監督の新海誠氏をはじめて知ったのは2007年に公開された映画「秒速5センチメートル」でした。

 

繊細な風景描写や切ないストーリーに感動したのを覚えています。

 

 

主人公は仕事に追われる日々。

 

3年間付き合っていた女性からは 「1000回メールしても、心は1センチくらいしか近づけなかった」 と言われ、自身の心が彼女に向いていないことを 見透かされてしまいます・・

 

そして、別れてみて初めて、彼女の大切さに気づくのですが手遅れでした。

 

 

主題歌「One more time,One more chance」(山崎まさよし) に、こんな歌詞があります。

 

—-

 

いつでも捜しているよ

どっかに君の姿を

交差点でも 夢の中でも

こんなとこにいるはずもないのに

奇跡がもしも起こるなら

今すぐ君に見せたい

新しい朝

これからの僕

言えなかった「好き」という言葉も

 

—–

 

失って初めて気付く人やモノの大切さ。

 

みなさんも感じたことはありませんか?

 

 

 

墓に布団は着せられぬ、ともいわれます。

 

 

生きている間にもっと親孝行してあげたかった、 先生にご恩返しをしておきたかった、 あの人に、あれだけは伝えておきたかった、

「あるときは当たり前に思っているが別れてみて泣くときがある」

 

 

後で後悔しないように、 今日という日を大切に生きていきたいですね。

 

 

 

1からわかりやすく、場所や時間を選ばず、自分のペースで仏教を学びたい方へ