膨大で漢字ばかりのお経の教えを”たった二字”で表した言葉とは?

こんにちは。「1からわかる仏教講座」スタッフのrisaです。

講座の内容をご紹介します。

「仏」とは悟りの名前であり、その悟りを開かれた人のこと

仏教は今から2600年前、釈迦という人が「仏」という悟りを開かれて、説かれた教えです。

「仏」というのは悟りの名前であり、その悟りを開かれた人自身のことも「仏」、あるいは「仏陀(ブッダ)」といわれます。

春先になると「オレは悟った」という人も出てきますが、それはホットケばいい仏です(笑)

35才で悟りを開いたといわれる釈迦が、それから80才までの45年間、「仏」として説かれた教えが仏教です。

では釈迦は、いったい何を教えていかれたのでしょうか?

釈迦の説かれた仏教はすべて、「お経」として書き残されています。

それらのお経をまとめて「一切経」といわれます。

「一切経」は7000巻以上(!)であり、膨大です。

キリスト教、イスラム教といったほかの宗教の教典を見てみても1冊か2冊であり、7000巻という数はずば抜けていますね。

それら7000巻のお経の中には果たして、どんなことが説かれているのでしょうか?

7000巻以上のお経の内容をひと言でいうと?

釈迦が亡くなる直前に、弟子の1人がたずねました。

「お釈迦様が45年間で説かれたことをひと言で聞かせてください」と。

それに対する釈迦の言葉が、

汝らに法鏡(ほうきょう)を授けるであろう

です。

法とは「真実、ありのまま」ということなので、法鏡とは「ありのままの私の姿を映す鏡」ということです。

つまり仏教は、「『真実の私の姿』を見せてくれる鏡のような教えだ」ということなんですね。

仏教の目的は、

宇宙の果てのことが分かるようになることでも、

良好な人間関係の作り方が分かるようになることでもなく、

(もちろん、仏教には宇宙のことや人に親切すべきことも教えられていますが)

あくまで「本当の自分」を知ることです。

だから仏教を聞いていくと「ありのままの自分」が知らされてくるのです。

ただ、「本当の自分」といっても、仏教は“心”を重んじる教えであるので、仏教で知らされる「本当の自分」とは「心の姿、心の奥底」のことです。それは自分の意識とは比較にならないほど深いものをいわれます。

自分探しの旅に出れば自分と向き合う機会が多くなり、今まで知らなかった自己の一面がわかることもあります。しかし「本当の自分」「自分の心の奥底」というのは、もうわかるものではありません。

仏教には『真実の自己』が詳しく教えられているのです。

その私の「本当の姿」がよりわかるようにと、釈迦は私達人間を「旅人」にたとえられています。

なぜ「旅人」なのか? 次回、お話しします。

続きの記事はこちら

 

1からわかりやすく、場所や時間を選ばず、自分のペースで仏教を学びたい方へ