運命は何が決めるのか? 運命の不思議 と 因果の道理

先日、『運命は何によって決まるか』という演題で話をしていた仏教講座に40代の主婦の方が来られ、休憩時間に言われたことが心に残りました。

その方は8畳一間の和室で、夜、ご主人と一緒に布団を並べて休んでおられます。ある日、ふと夜中に目を覚まして横を見ると、いつものようにいびきかいて寝ている夫の横顔がある。

それを見てしみじみ思うことがあるそうです。「なんで私の夫は『この人』なんだろう?」と。

from here on
from here on / spinster cardigan

「なんでこんな嫌な奴を夫にしてしまったんだろう。」というような辛辣な気持ちで言われたのではないですよ。

ただ「不思議だな」と思うそうです。

「なんで私の夫は『この人』になったんだろう。」

たくさんの異性が世の中にいて、独身の時に自分の前に現れた男性は何人かあったのに、その中でなぜこの人が「私の夫」になったんだろう・・

不思議・・・

と思われるそうです。

結果には必ず原因がある

いかがでしょう。

そんなようにあなたは思われたことはありませんか。

この人を夫に持つようになった、それはあなたに表れた結果です。

その人を夫に持つという結果。それには必ず原因がある。そうなる原因があってそうなった、と仏教では説かれています。

夫だけではありません。

「なぜうちの子は『この子』になったんだろう」と思うことありませんか。あるいは、最も大きな影響を持つのは親でしょう。

「なぜ私の親は『この人』なの?」

世の中にたくさんの親はいるのに、なぜよりによって『この人』になったんだろう?

こんなこと思うことありませんか。

もしそんなこと一度も思ったことない、と言われるなら、それは、なんというか、おめでたい人、というべきか。。

親を恨んでしまっても仕方ないような、そんな親の元に生まれたら、やはり「なんで『この人』だったのか」思うなといわれても思うでしょう。

これはすべて結果です。

それにはそうなる原因があってのことなのです。

ではその原因は何か。仏教は説き明かしていくのです。

 

1からわかりやすく、場所や時間を選ばず、自分のペースで仏教を学びたい方へ