愚痴をこぼすな 汗こぼせ

先日、知人からこんな言葉を教えてもらいました。

 

 

「正直者が失敗するのは、

正直のために失敗するのではない。

他に事情があるのである。

不正直者が成功するのは、

不正直で成功するのではなく、

他に事情があるのである。 」

三宅雪嶺(みやけせつれい)氏(評論家、ジャーナリスト)

 

 

蒔かぬ種は生えませんが、

蒔いた種は、必ず生える。

 

平凡なようで、大変な真理ですね。

 

 

つい、イヤなことがあったり、失敗したりすると、

「あいつのせい」

「こいつのせい」

「社会のせい」

「時代のせい」と

悪者探しをはじめてしまうのが私です。

 

それは道理にはずれた、愚かなことですから、

他人のせいにすることを仏教では「愚痴」といいます。

 

【愚】も「おろか」【痴】も知恵が病だれのなかにあって

「只今、頭が入院中・・」ということですね。

 

「あいつのせいで!」とイライラするのと、

「自分のここが悪かったのだ。

こうすれば、今度はうまくいくぞ」

と反省し、努力、向上するのとでは

天地の違いがあります。

 

 

言うは易し、行うは難し ですが、

「愚痴をこぼすな 汗こぼせ」

で頑張りたいと思います。

 

10509623_788003487897020_5036100322030859365_n

あわせて読みたい