悪人を友とすることなかれ

おはようございます。

飯田隆史です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
悪人を友とすることなかれ
━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「ご縁がありまして」

「これも何かのご縁ですね」

 

日常生活の中で私たちは、よく「縁」という言葉を使っています。

 

 

世界的な経営コンサルタント大前研一氏の『時間とムダの科学』に、こんなことが書かれています。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

1つは時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目はつきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

 

 

「よし、新たな決意で頑張るぞ!」

「今日から心を入れ替えて・・」

と思っても、三日坊主でなかなか続かず、すぐに決意をひるがえしてしまうのが私です。

 

 

どうして、自分は変われないのか、悩んでいる人ほど、「なるほど」とうなずかれるのではないでしょうか。

 

 

決意をすることは大事なことですが、自分で自分の心をコントロールするのは難しいことです。

 

だからこそ、どんな環境を選び、どんな友人とつきあうか、という「縁」が大切なのですね。

 

 

「その人を知らんと思わば、その友を見よといえり。

善人の敵とはなるとも悪人を友とすることなかれという事あり」

(蓮如上人)

 

善人となら、ケンカしても善い影響を受けますが、 悪人と仲良くすれば、知らず知らず、悪い影響を受けるということですね。

 

 

できれば仏様とのご縁、仏縁を求めていきたいものです。

あわせて読みたい