11/26 戸塚地域センター 「なぜ生きる」

幸せになりたくて生きているのに、それを手に入れる苦しみ、

又、手に入れたあと、いつまで続くのかと薄氷の上を歩くような不安もあり、

そして、たよりにしていたり、力になっていたり、

支えになっていたものから捨てられる苦しみがある、

ということになるほど、と強く思いました。

 

又、人間の心はとても変わり易いというところも強く納得しました。

(50代・女性)

 

日頃、幸せになると思っていたものは、

実は失う苦しみにもなるのだと理解しました。

(60代・男性)

 

自分の人生は※求不得苦や※愛別離苦の連続だったと思います。

これから先、摂取不捨の利益の世界に入れるように

講義を聞いていきたいと思います。

 

多くの人々はどう生きるか、ということで四苦八苦しているように思いますが、

「なぜ生きるか」ということを考え始めれば、

それまでの生き方と違った方向を生きられるのだと思います。

(60代・女性)

 

※求不得苦:求めているものが手に入らない苦しみ。

 

※愛別離苦:手に入れた愛着あるもの、

出会った大切な人とも別離しなければならない苦しみ。

 

※摂取不捨の利益(せっしゅふしゃ の りやく):摂取は「おさめとる」、

不捨は「捨てず」、利益は「幸せ」ということで、

おさめ取られて捨てられることのない幸せ、崩れない・色あせない本当の幸せのこと。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です