11/25 文京シビックセンター 「法鏡」

“七慢”のお話は初めて聞きました。

心で何を思っているか、そしてそれをどう行動に移し、何を言うのか、

という心と口と身体の関係が全てつながりました。 仏教は心理学ですね。

 

はるか昔から、変わることのない人の道理=原則は、

今、この時代だからこそ改めて見直してみることができたらいい、と思いました。

「仏教」が突然気になりだしたのも、何かの縁かもしれません。

ありがとうございました。

(40代・女性)

 

※七慢 私たちの自惚れ心を仏教で『慢』といいますが、

その自惚れ心を七通りに分けられたものを『七慢』と言われます。

 

 

悪人正機という言葉の深い意味を教えていただきました。

 

仏教に関する断片的な知識はあるが、仏教の本当の教えを把握し得ない状態です。

これからも定期的に講座に参加して、本当の教えを把握すべく、頑張ります。

(男性)

七慢のお話を聞いてハッとさせられました。

卑下慢・邪慢が特に自分に当てはまるなと思いました。

とても勉強になりました。 また機会を見つけて参加したいと思います。

(男性)

 

仏教って入りづらい感じでしたが、良かった。

(女性)

 

説明が大変良かった。

(女性)

 

一休さんの話が、とんちが効いていて、分かりやすかったです。

(20代・男性)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です